TOMOYUKI NAGASE profile Gallery message informartion

















 






― 想 ―

六千年とも言われている人と馬との共生、人類は「馬」なしでは現在の文明を築きあげることは不可能であり、またそれぞれの人々が存在していることに何らかの「馬」の関与があったはずです。歴史をさかのぼる気はありませんが、かつて「馬」は私達の視界に常にあったはずです。私に描く力与えてくれるのは、出会った「馬」を写真とは違った角度から後世へ描き残していくと言う使命感と、現在、私達の生活から遠ざかってしまった「馬」の存在を作品を通して多くの人々に知っていただきたいという気持ちからです。彼らの優しいまなざし、肌の温もり、遠い昔から何ひとつ変わることなく、私達を包み込んでくれるはずです。そんな彼らを描くことのできる私は何ものにも変えがたい幸福感に浸りながら、キャンバスに向き合い筆を走らせることに、ひたすら感謝しております。






(c) copyright by TOMOYUKI NAGASE 2015